健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

鏡を見るたびに気になるほうれい線の解決法とは

投稿日:

ほうれい線の無くす方法はないものでしょう?

ほうれい線を消す

鏡を見るたびにため息をつきたくなるほうれい線、心当たりがある方も多いですよね。実はほうれい線と言っても、いくつか種類があることをご存知でしたか?ここではその種類と、種類に合った解決法をお話ししていきます。

ほうれい線の種類があるって知っていましたか?

ほうれい線に種類なんてあるの!?という方も多いでしょう。しかしほうれい線のシワの具合と顔全体の状態を観察してみると違いが見えてきます。まず1つ目は浅く細い、よくちりめんジワと呼ばれているものがある方です。

2つ目は顔全体的に肌に張りがなくシワが多く、老けて見られがちな方です。3つ目は顔全体に肉付きがよく少し深いシワのある方。4つ目は頬などがむくみ、こちらも少し深いシワのある方です。

3つ目と4つ目は一見わかりにくいかもしれませんが、生活習慣や自分の体形などから判断してみるといいでしょう。また種類は4つに分けましたが、もちろんそれらのうちいくつかが重なっている場合もありますので、鏡を見て顔全体を気を付けて観察してみてくださいね。

ほうれい線ができる原因とは

ほうれい線ができる原因について先ほどの4つを順番に解説していきます。

まずは1つ目ですが、ちりめんジワが出来る原因は紫外線と乾燥です。紫外線を浴びると肌の水分が蒸発しやすい状態になってしまうため乾燥を招きます。水分が足りてない状態になっているため肌がしぼみシワとなって現れてしまいます。

2つ目の原因についてですが、これは加齢していくほどに見られることが多くなります。原因はコラーゲンなどの低下によるものです。3つ目については、脂肪が多いふくよかな方に多く見られます。

脂肪の重さにより深いシワが出来てしまうことが原因です。また加齢により筋肉が衰えることにより支えられなくなることも原因である場合があります。4つ目は水分の取りすぎや、立ち仕事などによるむくみによることが原因と考えられます。

ほうれい線への効果的な解決法とは

また、先ほどの4つを順番に解説していきます。1つ目の乾燥については、保湿することが大切になってきます。保湿する前に蒸しタオルをして肌に保湿されやすい状態にするとより効果が認められる場合もあります。

2つ目については、コラーゲンを補ってあげることが必要になります。コラーゲン入りスキンケアの使用や、また注射など施術で対策する方法があります。3つ目については、まずは健康的な食事療法を試してみてもいいかもしれません。

加齢が原因の多くを占めそうな場合にはリフトアップなどの施術が効果的な場合もあるでしょう。4つ目はむくみが原因ですので、寝る前の水分を控えることや、仕事が原因の場合には合間にストレッチなどをすることを心がけることで効果が見られるかもしれません。

自分のタイプを見極めて自分に合った改善法を見つけてみましょう。





-ほうれい線, 悩み

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.