健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

足のむくみの原因とむくみをとる方法

投稿日:

足のむくみの原因とむくみをとる方法

足のむくみを解消

足のむくみで悩む方は多いと思います。朝起きると足がむくんでしびれてしまう、長時間の立ち仕事などで足がむくんで靴が窮屈に感じてしまう、前に履いていた靴が入らなくなったなど、足のむくみの症状は人それぞれです。そんなむくみの原因と対策方法をしっかりと確認しておきましょう。

一過性のむくみと慢性のむくみ

足のむくみは血液の悪循環やリンパの流れの滞りによって引き起こされます。これらのむくみはほとんどが一過性のもので、足がむくんでいても、一晩寝て翌朝起きると治っています。

しかし、翌朝になってもむくみが取れていなかったり、足がしびれていたりした場合、慢性化している可能性が高く、早急に対処をしたほうが良いと考えられます。

一過性のむくみは血液やリンパの流れをマッサージなどでよくしてあげることで、解消されますが、慢性化している場合は心臓や腎臓、肝臓など、内臓が弱って血液やリンパの流れが悪くなっていることも考えられます。

慢性化しているむくみは他の病気も考えられますので、体からのSOSサインだと捉え、病院などで早めに診察してもらうようにしましょう。"

つらい足のむくみの3つの原因

足のむくみの原因は大きく分けて3つあります。1つは、冷え性によるものです。冷え性はホルモンバランスの乱れなどで血液の流れが悪くなり、足や手の末端まで血液が循環しにくくなり、体が冷えてしまうことです。

血液の流れが悪くなり、冷え性になり、その冷え性が足のむくみなどを引き起こします。2つ目は、長時間の立ち仕事などによる同じ姿勢をとることが原因です。

ずっと立ち仕事をすることで、体の水分や塩分が足に集まって、体全体に循環しにくくなり、その結果むくみを引き起こします。また、デスクワークなどで椅子にずっと座っていても同じことが起こります。

3つ目は、心臓などの内臓の疾患によるものです。慢性化しているむくみは、心臓や肝臓、腎臓に疾患があることが考えられます。たかがむくみと甘く考えずにすぐに病院で診てもらうようにしましょう。

足のむくみの予防と解消法

足のむくみの原因は血液やリンパの流れの滞りによるものです。これらを解決することで、むくみを予防したり、解消したりすることができます。

むくみを予防するには、お風呂でのマッサージが効果的です。長時間同じ姿勢をとって仕事をしている方は、夜お風呂に入って足のふくらはぎから足先をしっかりとマッサージしてあげましょう。

足をしっかりと温めて、マッサージをすることで、血液やリンパの流れをよくして、むくみを予防することができます。また、このマッサージはむくみができてしまってからも有効なので、むくみを解消したい場合にも足をしっかりと温めながらマッサージしてあげましょう。

そのほかにも、普段から適度な運動をすることも有効です。運動をすることで血液やリンパの流れをよくすることができます。なお、この予防法や解決法は一過性のむくみにのみ有効です。慢性化したむくみはなるべく早く病院で診てもらうようにしましょう。

-むくみ, 悩み

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.