健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

そばかすの2つの原因と解決方法

投稿日:

そばかす消す方法

そばかすを消す

そばかすは多くが遺伝によるものです。親が子供のころにそばかすがあった場合にはその子供に遺伝してそばかすができることがあります。そばかすを完全に治すには病院などでの治療をお勧めしますが、自分でのセルフケアで薄くしたり、目立たなくしたりすることができます。

先天性と後天性のそばかす

そばかすは雀卵斑というシミの一種でもあります。そばかすには先天性のものと後天性のものがあり、先天性のものは親の遺伝によるものを指します。先天性のそばかすは、子供のころにできて、大人になるにつれて薄くなり消えていきます。

後天性のそばかすは子供のころにはできてなかったのに、大人になってできてしまったものを指し、紫外線や生活習慣の乱れ、ビタミンやミネラルの不足によって顔の肌の活性酸素が増え、その活性酸素によって皮膚の細胞が傷つけられることによってできます。

この後天性のそばかすは、子供のころにできることもあり、大人になっても消えない場合は後天性のそばかすだと考えられます。セルフケアでの完全な治療は難しく、病院などでの治療が必要になってきます。

そばかすの2つの原因

先ほど、先天性のものと後天性のものがあると紹介しましたが、先天性のものは親の遺伝によるものがほとんどで、大人になるにつれて治っていきます。しかし、後天性のそばかすは放っておいても治らないので、原因を知ってそばかすの予防に努めてください。

1つ目の原因は紫外線だと考えられます。紫外線が肌にあたることによって、シミの原因であるメラニンが多く生成され、普段はターンオーバーという肌の生まれ変わるような仕組みで排出されるのですが、それが間に合わなくなり、そばかすができてしまいます。

2つ目は、生活習慣の乱れによるものです。一日のうちで一番肌がターンオーバーする時間が睡眠をしている時だといわれています。生活習慣の乱れで睡眠が不足すると、ターンオーバーをする時間が短くなり、結果そばかすができてしまいます。

また、生活習慣の乱れによる、肌へのビタミンやミネラルの不足も原因の一つです。"

そばかすの予防法と解決方法

先天性のそばかすは放っておいても治りますが、後天性のそばかすは病院での治療が必要です。そばかすができないようにしたり、ひどくならないようにする予防法を紹介したいと思います。

そばかすの原因は、紫外線によるものと、生活習慣の乱れによるものがほとんどです。日傘を差したり、紫外線から肌を保護する化粧品などを使って肌を紫外線から守るなど、普段から紫外線には気を付けて生活をしましょう。

生活習慣の乱れも大きくかかわってきます。睡眠をしっかりととり、ビタミンやミネラルなどの栄養が豊富な食生活を心がけてください。普段からのスキンケアも大事です。

正しい洗顔方法で洗顔をしたり、化粧水で肌を保護したりすることで、そばかすを防ぐことができます。もしそれでもそばかすができてしまい、ひどくなってきた場合にはすぐに病院で皮膚科の先生に相談をしましょう。

-シミそばかす, 悩み

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.