健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

ニキビケアで絶対してはいけないこと

投稿日:

やってはダメ。間違ったニキビへの対処法

ついついニキビを潰してしまい、赤く腫れて炎症が起き、潰したことを後悔したことがありませんか?ひどくなると、ニキビ跡が陥没したり、シミになって残ってしまうのです。ニキビを悪化させてしまうNGや気を付けたい洗顔方法を説明します。

ニキビ対策

ニキビにゴシゴシ力強い洗顔はNG

ニキビが出来てしまう原因の一つとして毛穴に汚れが溜まってしまう事が挙げられます。

したがって、「強く擦ればいいんじゃないか」「とにかく何度もゴシゴシ洗えば大丈夫」だと思っている方も多いかと思います。

しかし、そのような洗い方では逆にニキビを悪化させてしまい、出来てしまったニキビがなかなか治らないのです。

人間の肌の表面はバランスの良い水分と油分を保ちながら、外部の細菌や汚れ等から守るバリアの役割を果たしています。

しかし、洗顔の際にゴシゴシと力強く肌の表面を擦ってしまうと、肌表面に細かな傷がつき、水分と油分のバランスが保てなくなってしまいます。するとバリア機能が働かなくなり、ニキビが出来てしまいます。

参考サイト:食事が皮脂に影響する?

したがって洗顔の際は洗顔料できめ細やかな泡を作り、優しく洗う事で毛穴の汚れを落とし、ニキビを防ぐ事が重要なポイントとなります。

ニキビを潰すのはNG

出来てしまったニキビはつい潰したくなりますよね。しかし、基本的にニキビを潰すことは逆に悪化させてしまう事があるため、やってはいけない対処法になります。

特に毛穴に菌が入り込んで炎症を起こしている赤ニキビ、進行して化膿している白ニキビは潰してはいけないニキビです。

ニキビを潰して中身を出そうとする事で肌に多大な負担がかかり、色素沈着を起こす可能性があります。色素沈着をおこすと跡として残ってしまいます。

また、潰した時に手等についた雑菌が膿を出した部分に入り込むと、再び炎症を起こしたりニキビをさらに悪化させてしまいます。真皮まで傷ついてニキビをさらに大きくしたり、跡になってしまいます。

参考サイト:背中にできるニキビの原因と治し方

したがって、ニキビが出来てしまった時は皮膚科医に相談し、適切な治療を受ける事が大切です。

専門家に相談することでニキビを適切に治療することが出来、跡を残すことなく治す事が出来ます。

-ニキビ

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.