健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

口周りニキビを引き起こす原因は?

投稿日:

口周りにできるニキビの原因は?

甘いお菓子をよく食べていませんか?特にチョコレートをたくさん食べると、ビタミンB群が大量に消費されて口の周りにニキビができるのです。ニキビができる原因と対策を説明します。

ニキビ対策

口周りニキビは内臓機能の低下

口周りにできるニキビは胃腸関係の不調が原因の場合が多いです。暴飲暴食や飲酒などにより胃腸の機能が低下すると、その修復作業に体内の養分が優先的に使用され、その結果としてニキビが発生します。

胃痛に悩まされている時に口周りが荒れるのはそのためです。また皮脂の過剰分泌を抑えたり、脂質の代謝を補助するビタミンB群の不足によっても口周りのニキビは発生します。

チョコレートなどの甘いお菓子は、その糖質を分解するためにビタミンB群を大量に消費させます。

このような原因の場合、化粧品などで対応してもあまり意味はありません。適切な食事を心がけることや飲酒を控えることによって、症状は改善されます。

参考サイト:食事が皮脂に影響する?

口周りのニキビは治療に時間がかかり、ニキビ跡も残りやすいです。規則正しい食生活や、ライフスタイルにあったサプリメントなどを取り入れて予防しましょう。

口周りニキビはストレスやホルモンの乱れ

日常生活において、対人関係や仕事、もしくは不規則な生活習慣などでストレスがたまると、男性ホルモンの分泌が増えます。

口周りは男性ホルモンの作用が大きく働く部位で、その結果口周りの皮脂の分泌が増えニキビになります。また、女性の場合、生理周期の関係でもニキビは発生します。参考サイト:自分で出来るスキンケアは?
生理前などは、ホルモンバランスが大きく崩れるため、ニキビや肌荒れがおきます。これらの場合も、身体の中からの改善が必要になります。

ニキビになりやすい脂質や糖分を抑えた食事を心掛け、リラックスできる時間を作りましょう。ビタミンB群のサプリメントも有効なのでとりいれましょう。

塗り薬などの治療薬を使う場合は、なるべく刺激の大きいものは避けましょう。市販の思春期ニキビ向けのものは、逆効果になってしまうこともあるため、使用には注意してください。

-ニキビ

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.