健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

殺菌効果があるものは成分に注意

投稿日:

ニキビを早く治したい!殺菌効果があるものには成分に注意よう

ニキビ治療に使われる殺菌効果が高い成分は肌へのリスクも高くなるので、ニキビ治療のつもりが肌荒れを起こしてしまうこともあるのです。慎重に治療方法を選びたい殺菌成分について説明します。

ニキビ対策

古くから治療薬に含まれているイオウ

イオウは多くのニキビ治療薬に含まれている成分です。高い殺菌作用によって、ニキビの原因となるアクネ菌を減少させる効果があるといわれています。

同時に、皮脂の分泌を抑制し、肌を乾燥させる効果もあることから、アクネ菌のエサとなる毛穴に詰まった皮脂を減少させる働きも期待できます。

参考サイト:おでこニキビを一日でも早く治す方法

皮脂の分泌が多い思春期において、皮脂の量をコントロールしてくれるイオウは、症状の改善に力を発揮してくれます。しかし本来、皮脂は肌を保護するバリア機能を持っています。

過剰に抑制してしまうと、そのバリア機能が低下するだけでなく、かえって肌を保護しようとして皮脂を大量に分泌してしまうこともあるため、大人ニキビの場合には注意が必要です。

イオウ配合のニキビ治療薬を使用する場合には、年齢や肌の状態をきちんと考慮したうえで使用するようにしたほうがよいでしょう。

殺菌効果が高いイソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノール、聞きなれない名前ですが、非常に高い殺菌効果を持つとされており、ニキビ治療薬や制汗剤にも含まれている成分です。

顔ニキビはアクネ菌、体ニキビはマラセチア菌が原因といわれているため、これらの菌を殺菌することでニキビを改善しようというものです。

しかし、その高い殺菌効果ゆえに、肌に常駐している良い菌をも殺菌してしまうことがあります。これらの良い菌はそれぞれに働いて肌のバリア機能を守ってくれているので、ニキビ菌と一緒に殺菌されてしまうことで、肌のバリア機能が低下してしまいます。

参考サイト:ストレスを溜めすぎず適度に発散する

また、効果が強いだけに刺激も強いので、炎症を起こしてしまったり、アレルギーを起こしてしまうこともまれにあります。

もともと敏感肌の人や、効果を急ぎすぎてあまりにも大量に使用する人などには逆効果にもなりかねないので、使用する際には注意しましょう。

-ニキビ

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.