健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

生理前のニキビもホルモンバランスの乱れから

投稿日:

ホルモンと上手に付きって、生理前のニキビを防ぐ!

生理前はホルモンバランスが乱れやすく、脂性肌に傾きます。肌がベタベタ脂っぽくなるのも生理前の特徴です。生理前のニキビを防ぐことができる生活習慣や肌のケアの方法を説明します。

ニキビ対策

生理前のニキビの原因は黄体ホルモンのせい?!

生理前になると、何だかいつもニキビができてしまうと感じる方も多いかもしれません。

その原因のひとつと考えられるのは、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンで女性ホルモンの一種です。

女性の体では生理周期に合わせて、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスをとりながら働いています。

生理前の黄体期になるとこのプロゲステロンの働きが強くなり、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

プロゲステロンには皮脂の分泌を過剰にしてしまう作用があります。そのため黄体期に肌荒れをしていたり、乾燥を起こして角質や毛穴詰まりが起こっていると、そこに皮脂がたまってニキビができる原因になってしまうのです。

女性ホルモンの働きを受けやすい女性の体ですが、生理前でもニキビをできにくくすることは可能です。それには普段の肌のお手入れと生活習慣が大切になってきます。

参考サイト:食事が皮脂に影響する?

生理前のニキビを防ぐには、肌のケアと生活習慣の見直しが大切

生理前のニキビを防ぐには、普段から肌荒れや乾燥に気をつけることです。

肌が乾燥していると、肌を守ろうとするバリア機能が働き皮脂を多めに分泌しますが、それに黄体期のプロゲステロンによる皮脂の過剰分泌が加わってしまうことになります。

参考サイト:とにかく洗顔と保湿が重要!

それを防ぐために、肌の乾燥が気になるときには低刺激の洗顔料で丁寧に洗顔をして、そのあとに保湿効果のある化粧品をたっぷり含ませ、潤いを与えることが大切です。

また生活習慣も見直して、食事内容にも気をつけます。皮脂の多くなる生理前には脂っこい食事や胃腸を刺激するカフェインや香辛料なども避けるといいかもしれません。

野菜やフルーツを積極的に摂り、ビタミンや食物繊維の豊富な食事でホルモンバランスを整え、睡眠時間も十分にとることが美肌に繋がり、結果的に生理前のニキビを防ぐことになります。

-ニキビ

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.