健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

皮膚科ではどんなケアが一般的?

投稿日:

皮膚科では投薬と処置を組み合わせて行なう

皮膚科で一般的な治療は内服薬と外用薬ですが状態により、ホルモンバランスの治療を行うこともあります。最近では保険適用外のレーザー治療フォトフェイシャル治療もおこなわれています。皮膚科でのニキビ治療について説明します。

ニキビ対策

投薬によるニキビケアが一般的です

日本国内では、重症となった場合を除いてニキビを原因とした皮膚科の受診率が低い傾向にあります。

洗顔料やテレビCMによりニキビケアの方法としてアクネ菌の殺菌と炎症を抑えることが重要だと周知されていることが影響しているでしょう。

しかし、皮膚科を受診すれば、ニキビケア方法について状況に合わせた正しい処置方法を指導してもらえるので、重症化を防げます。

参考サイト:乾燥肌でも脂性肌でも使えるニキビケア

皮膚科を受診した際に行われる治療には、外用薬と内服薬を用いた方法が一般的です。アクネ菌を殺菌する外用薬と、毛穴の詰まりを防止する抗炎症薬の両方が処方されることが多いです。

加えて、内服薬として抗生物質やホルモン剤、ビタミン剤といった各個人の症状に合わせた処方が行われるので、重症化していれば炎症を抑える方向で処方され、ホルモンバランスが原因であれば男性ホルモンを抑制する薬剤を内服薬として処方します。

皮膚科で行なう処置は一部保険適用外になります

皮膚科を受診した際に、生活習慣や正しいスキンケア方法を指導されることが一般的です。

しかし、重症化している場合には、現状の皮膚状態から面皰圧出や患部に直接ステロイド剤を注射して炎症を強制的に抑える処置が行われます。

また、希望により保険適用外の処置を受けることも出来るので、ケミカルピーリングにより厚くなった角質層を剥がして新しく生まれ変わる皮膚細胞の再生を促す方法も可能です。

アクネ菌を強力に殺菌する方法として、レーザー治療やレーザーメスにより既に出来てしまったニキビを処置する方法もあります。

赤みを帯びている部分や色素沈着に至っている部位を治療するために、フォトフェイシャル治療を受けることも可能です。

かかる費用と得られる効果について、皮膚科医からしっかりとした説明を受けた上で処置を希望することが大切です。

参考サイト:口周りニキビを引き起こす原因は?

-ニキビ

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.