健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

顔にできたニキビ跡を消すにはどうすればいい?

投稿日:

顔にできたニキビ跡を消すにはどうすればいいのでしょうか?

顔にできてしまったニキビ跡、見た目も悪いし、隠そうとして化粧が厚くなってしまうのも困りもの、できることなら消してしまいたいですよね。実はニキビ跡にはいろいろな種類があり、それぞれに原因や解決方法が違うのです。

顔のニキビ

あなたのニキビ跡は、どのタイプ?

ニキビ跡とは、ニキビによって顔にできた傷や炎症、あるいは色素沈着がシミになってしまったものです。最近では医療の発達によって、消すことが可能になってきました。実は一口にニキビ跡と言っても、いろいろな種類があります。改善するには、まず自分のニキビ跡がどのタイプが見極めましょう。

まずは赤みが残るタイプ。これは盛り上がったニキビが平らに落ち着いた後、赤みだけが残った状態を言います。次に紫色や茶色になっているもの。こちらはシミになってしまっているものです。

ニキビ跡の中で一番厄介なのが、肌がクレーター状にデコボコになってしまっているものです。ニキビができるたびに強い炎症を起こしたり、皮膚が硬い体質の人がよくこの状態になります。

タイプ別、ニキビ跡ができる原因

ニキビ跡は、タイプが違えばそれができる原因も異なります。

赤みが残るタイプのニキビは、うっ血が原因です。炎症を起こすことで血液の流れが悪くなり、静脈内に血液がたまって起こります。あるいは表面的なニキビは治っても、肌の内部にまだ炎症が残っている状態かもしれません。茶色のシミはいわゆる色素沈着が原因。

ニキビができたことでメラニンが大量に作り出され、肌のターンオーバーが追い付かずシミになってしまっているのです。紫のシミは、ニキビによる炎症で毛穴周辺の毛細血管が破裂、血がにじみ出したことが原因で起こります。

クレーター状になったものは、強い炎症が原因で肌組織が破壊され、回復することができなかったために起こります。

予防方法とセルフケアによる改善

ニキビ跡は、まず作らないようにすることが大切です。ニキビ体質の人や、跡になりやすい人は睡眠をしっかり取り、食生活をしっかり見直すことでターンオーバーを乱さないようにすることが、ニキビ跡を作らない秘訣になります。

跡になってしまったら、出来るだけ早めに対策を取ることが肝心です。赤みがあるニキビ跡は、これ以上悪化させないことが大切。ビタミンC誘導体やセラミドなどの保湿成分を含んだ化粧水や乳液で、しっかりとした保湿を行いましょう。

シミになってしまったタイプのニキビ跡も、しっかりとした保湿で肌のターンオーバーを促してあげるのが大切です。茶色のシミはピーリングを行うのも効果的です。

セルフケアでは限界があるのが、クレーター状になったニキビ跡。以前は無理でしたが、最近は美容皮膚科などでケミカルピーリングやレーザー治療を受けることで、かなり改善できるようになっています。

-ニキビ, 悩み

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.