健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

講義中に何回も尿意をもよおす頻尿の体験談

投稿日:

頻尿の体験談

頻尿に関する体験談

頻尿に悩んだのは、就職活動の時期でした。受けても受けても落ちる面接、先に就職先が決まる友達をうらやましげに見ているうちに、ある日、ふと腹部に違和感を感じました。なんとなくだるく重たい感じで、気になり始めたら止まりません。

それでも最初は学校の授業等、集中している時には尿意のことは忘れられたのですが、だんだんとクラスの合間だけではなく、講義中にも「すごくトイレに行きたい」感覚が何回も襲ってくるようになりました。

気がつくと、学校への通学電車の中でも、クラスの休み時間に友達と話しているようなリラックスしている時にも、さらには喫茶店でお茶をしている時にも、家族との食事中にも、もう尿意のことしか考えられなくなりました。そしてそれと同時に不眠が始まったのです。

どんな対策や予防をしましたか?

来る日も来る日も尿意で頭がいっぱいになり、隙あらばトイレに通う日々が始まりました。トイレに行ってもあまりに頻回なため、尿も出なくなってきました。それでも尿意はとどまる事を知らず、さらには膀胱あたりに痛みを感じるようになりました。

家族も不審に思い「膀胱炎ではないのか」と言いだし、勧めに従って近所の内科を受診し検査しましたが、膀胱炎のようだけれど雑菌も消えてきているし、少し冷えたのではないかと言われました。

医師の診断より重い膀胱炎だと自分で決めつけて、膀胱トラブルにオレンジジュースが効くという家族の話をうのみにし、意味もなくオレンジジュースを飲んでいました。

さすがにジュースを飲めば尿量は増えて、お手洗いに行けばそれなりの量が出るのですが、重苦しい感覚は全く消えず、むしろ頻尿の回数は増えるばかりでした。

夜間もあまりの頻尿に不眠症になり、明け方までトイレに通う日々が延々と続きました。最初に違和感を感じてから2ヶ月ほどが経過していました。就職活動も中断してしまい、焦りばかりが募っていました。

現在の状況

朝から晩まで頻尿に悩まされ、平日も休日もトイレに籠るようになったある日、家族から「もしかしたら就職活動が原因ではないか」という意見が出て、心療内科受診を勧められました。

わらにもすがる思いで受診し、処方されたのは軽い精神安定剤と睡眠導入剤でした。どうせ効かないだろうと思いつつ服薬しはじめ数日たった頃から、少しずつ夜間の頻尿の回数が減りました。

1週間もするうちに今度は昼間も回数が減ってきて、数ヶ月ぶりにやっと尿意を忘れる時間が、今日は30分、今日は1時間という具合に増えていきました。2回目に心療内科を受診する頃には、不思議なくらい頻尿の回数が減りました。

結局、心療内科への通院は2ヶ月程度ですみ、その後はストレスや身体的疲労が溜まった時には、自分にご褒美の時間を設け、リラックスに努めました。何事も無理はよくないと悟り、その後は同じ症状は現れていません。

-頻尿の体験談
-, ,

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.