健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

すぐ対策できる!頻尿の辛い症状を緩和させよう

投稿日:

頻尿サプリ

頻尿になってしまうと、夜中に目が覚めて熟睡できなくなり、身体へ負担がかかります。それだけでなく、お手洗いが近くに無かったり渋滞等で身動きが取れなくなると不安になり、精神にも悪い影響を及ぼします。この辛い症状を緩和させる為に、頻尿になる原因を知って対策していきましょう。

女性の方が頻尿に悩まされる理由

一般的に、男性よりも女性の方が頻尿になりやすいのですが、それにはいくつかの理由があります。まず、女性は冷え症の方が多いということが挙げられます。

女性は男性と比べると筋肉量が少ないので、冬のような寒い季節には特に血液が循環されにくく、体の末端に温かい血液が届かず冷え症となってしまうのです。末端が冷えると、尿を作る腎臓回りの血液量が増えるので、尿が多く作られ頻尿の原因となります。

また、尿を溜める膀胱が冷えてしまうと十分に拡がらず、尿を溜めておけなくなるので頻繁に尿意を感じるようになります。冷え症と同じく女性に多い便秘も、頻尿の原因です。腸内に留まっている便が膀胱を圧迫し、尿を本来の容量で溜められなくなります。

そして、頻尿が女性に多い最も大きな要因が、膀胱炎です。女性の尿道はとても短いので菌が侵入しやすく、膀胱炎になりやすい構造をしています。

この膀胱炎の症状の一つとして、お手洗いを済ませても尿意が引かないという、激しい頻尿の症状が現れる場合があります。膀胱炎になると膀胱が過敏になってしまうので、少し尿が溜まっただけで尿意に繋がってしまうのが原因です。

頻尿対策として簡単にできること

頻尿の原因が冷え症の場合、体を冷えさせないよう日常生活の中で工夫することで対策できます。まず、朝御飯をきちんと食べることで内臓が活発に動き出し、その結果、熱が発生するので体が温かくなります。

お風呂では、普段シャワーだけという方は、浴槽に浸かるようにしてみましょう。じっくりお湯に浸かることで体を芯まで温め、血行を良くするので冷え症に効果があります。この際、入浴剤などで温浴効果を高めるのも効果的です。

食事では、利尿作用があるお茶やコーヒーを飲む量を減らし、代わりに生姜湯や白湯を飲むことで内臓から温まることができます。そして、普段から靴下やスリッパを履いたり温かい服装をすることで、外側からも熱を逃がさないようにしましょう。

また、膀胱炎は免疫の低下によって発症しやすくなるので、規則正しい食生活と睡眠の確保、そして軽い運動によってある程度は予防することができます。規則正しい生活を、日常的に送ることが大切です。

今回挙げた対策は、どれもすぐに始められるものばかりです。冷えを予防し、膀胱炎になりにくい体を作って、頻尿の症状を和らげていきましょう。"

-頻尿の基礎知識

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.