健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

頻尿ってどんな病気?主な症状と原因について

投稿日:

頻尿サプリ

頻尿ってどんな病気?主な症状と原因について 「さっきトイレに行ったのに、また行きたい」このような症状を頻尿と言います。トイレが近い、それだけならいいのですが、トイレが気になって仕事や家事に集中できなかったり、場合によっては裏に病気が隠れていることもあります。詳しくチェックしてみましょう。

頻尿の主な症状にはどんなものがある?

トイレに行く回数が増える頻尿ですが、具体的にどれくらいの回数トイレに行くと頻尿だと見なされるのでしょうか。

実ははっきりとした基準は設けられていません。日本泌尿器科学会によると、朝起きて寝るまでの間に、8回以上排尿回数がある場合を頻尿と言うようです。ただし一日にどれくらいトイレに行くか、というのは個人差があるため、一概に何回以上が頻尿だとは言えないのです。

一日にトイレに行く回数が8回以下でも、本人が「自分はトイレに行く回数が多い」と思えば頻尿と言えます。トイレが気になって仕事や家事に支障が出ている、いつもトイレの場所を確認しているなど、日常生活に不具合が生じているならやはり一度医師に相談してみるのがいいでしょう。

日中トイレに行く回数が多い他に、夜眠った後尿意を感じて起きてしまう、という症状もあります。これは夜間頻尿と呼ばれ、夜間1回以上起きることが続くことが判断の基準になります。寝不足を引き起こすこともあるので、やはり辛いときは医師に相談してみましょう。

頻尿の場合は、泌尿器科を受診することになります。女性で泌尿器科を受診しにくいときは、婦人科に行くこともできます。

頻尿が起こる原因とは?

頻尿と一口に言っても、その原因は様々です。多いのは過活動膀胱、前立腺肥大、尿路感染、腫瘍などです。

過活動膀胱とは、膀胱が勝手に収縮してしまう病気です。本来であれば膀胱はある程度尿が溜まってから排尿するようになっていますが、過活動膀胱になると膀胱が勝手に収縮し、急な尿意を我慢できなかったり、何度もトイレに立つようになります。

一回のおしっこの量は少なく、回数が増えるのが特徴です。過活動膀胱が起こる原因も様々で、前立腺肥大で膀胱が過敏になる、老化とったものの他、原因がまったく分からないケースというのもあります。

男性の場合、前立腺肥大が原因で頻尿になることもあります。前立腺は膀胱の下を囲むように位置しており、ここが肥大すると尿道が圧迫されます。尿が途切れる、出し切っていない感じがする、といった症状が出やすく、放っておくとかなりの割合で過活動膀胱を併発します。

尿の通り道である尿路に炎症が起こり、膀胱の神経が刺激されて尿意を感じやすくなるのが尿路感染です。また、膀胱がんなどの腫瘍ができても、頻尿の症状が起こります。

放置しておくともっと症状が重くなったり、重い病気が隠れている場合もあります。たかが頻尿と軽く見ず、一度診察を受けてみるのがおすすめです。

-頻尿の基礎知識

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.