健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

排尿トラブルは体からのSOSを見逃さないで!

投稿日:

頻尿サプリ

人間にとって腎臓は、血液をろ過し老廃物や余分な水分を尿として排出する仕組みを持つ大事な臓器です。その腎臓の機能が低下すると頻尿など尿に異常がでるだけでなく、慢性的なむくみなどの症状がでる場合があります。

頻尿は腎臓の機能低下の初期症状

腎臓の働きというと「尿」を作る臓器ということを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

腎臓は、血液中の老廃物をろ過して尿を作り体外へ排出することが大きな役割ですが、それだけではありません。ナトリウムやカリウムなどの電解質を調節し体液のバランスを調整し、血液をつくるホルモンや血圧を調整するホルモンを分泌しています。

このように様々な働きを持つ腎臓の機能が低下すると、血液をろ過することができなくなり体内に老廃物が蓄積されるほか、全身に影響を及ぼすことになってしまいます。

腎臓の機能低下の初期症状として頻尿があります。頻尿は1日に何回も排尿することです。正常な排尿回数は個人差はありますが4回~6回と言われています。排尿回数が、それ以上であれば異常ということになり、夜中に何度も排尿することで睡眠障害になってしまう場合もあります。

頻尿の原因は、膀胱炎や過活動膀胱、男性であれば前立腺肥大症などがあります。前立腺肥大症などの場合は排尿回数は多くても1度にでる尿の量は少なめですが、腎臓の機能が低下し始めた時の頻尿は多量の尿が出ます。"

慢性的なむくみには注意が必要

腎臓の機能が低下して時の症状として慢性的なむくみがあります。立ち仕事で足がむくんだり、アルコールの摂取でむくむことは比較的よくあることです。

この場合は、同じ姿勢をとり続けていたり、血液の循環が悪くなっているために起こる一時的なものとされ、マッサージや入浴などによって改善することが多いです。ただし、マッサージなどをしても改善せず、むくみが慢性的に起こっている場合は注意が必要です。

腎臓の持つ「ろ過機能」によって体内に不必要な老廃物は排出されますが、腎臓の機能が低下してしまうと、そのろ過機能も上手く作用できなくなります。その結果、体内には老廃物や有害な物質が蓄積され、血液の循環が悪くなってしまいます。

また、血液中のタンパク質である「アルブミン」は血液の水分を一定に保つ働きがありますが、腎臓の機能が低下することで尿と一緒に排出されてしまいます。

そのため血液中の水分が保持できなくなり血管外に漏れてしまうことがむくみを引き起こしてしまいます。それが、腎臓の機能低下による慢性的なむくみの要因となっています。"

-頻尿の基礎知識

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.