健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

妊娠線の原因と予防や対策

投稿日:

妊娠線の原因と予防や対策

妊娠線を消す

妊娠してお腹が大きくなりはじめると身体が重くなってますます運動不足に。そんな中気になるのが妊娠線。妊娠線は一度できると綺麗に治すのはほぼ無理だと言われているので予防が肝心です。妊娠線はどのようなことが原因でできるのでしょうか。

妊娠線の種類ってどんなもの?

妊娠線には「新妊娠線」と「旧妊娠線」の2種類があります。この2種類の違いは見た目で判断できることですが、新妊娠線はできたばかりの線で、赤紫色の亀裂が皮膚の表面からわかる状態。旧妊娠線は出産後に新妊娠線が変化して、白い亀裂になった状態です。

新妊娠線は色からしても非常に目立ちやすいものですが、出来立てなのと妊娠中で皮膚が張った状態のため、表面のデコボコはそれほどないもの。旧妊娠線はうっすらとした白い線ではあるものの、皮膚の表面がデコボコした感じになっているのも特徴です。

妊娠線は新妊娠線から旧妊娠線へと変化していくものですが、一度できてしまった妊娠線が治ることはないため、妊娠線はできないように早めの予防が大切となります。

妊娠線はなぜできるの?

この妊娠線ができる原因は、急激にお腹やヒップなどが大きくなることに皮膚がついてゆけず、真皮の部分が裂けてしまっていることにあります。

真皮の部分はコラーゲンを主成分とした組織でできているのですが、表面の皮膚に比べて伸縮率は少なく、新妊娠線にある赤紫色の皮下出血を伴いながら亀裂を起こします。

旧妊娠線は皮下出血は収まっている状態ですが、一度亀裂を起こしてしまった真皮部分が綺麗に戻らないまま、出産後に伸びきった皮膚が元に戻り、皮膚表面のデコボコが出てしまっている状態です。

また、妊娠中はコラーゲンの生成などを抑えるホルモンが出るため、なおさら皮膚の弾力が少なくなっており、これも原因でますます妊娠線ができやすくなるのです。

妊娠線の予防と対策は?

妊娠線を予防する方法としては、真皮の伸びをできるだけ良くすることにあります。また、妊娠線ができる部分は乾燥していることが多く、痒みを伴うもの。この痒みに任せて掻いていると、その部分が真皮で亀裂を起こすのです。

ですから予防として保湿成分の多い妊娠線対策用のクリームでマッサージをして、保湿ケアと真皮が伸びやすくなるようにサポートすること。そして痒くても掻き過ぎないことが大切です。

妊娠線対策のマッサージや保湿による予防は、お腹が大きくなる前から行うことがおすすめ。また、体重コントロールは特に大切です。

急激な体重増加は皮膚への影響が広範囲に及ぶため、お腹だけではなく背中やふくらはぎなど思いもよらない場所に妊娠線を作るもと。妊娠中の健康とも合わせて体重コントロールに気を配りましょう。

-妊娠線, 悩み

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.