健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

乳首に黒ずみが出来てしまったら

投稿日:

乳首に黒ずみが出来てしまったら

乳首の黒ずみを消す

普段見せる部分ではないけれども、黒ずみが出来ることで悩みとなってしまうのが乳首です。妊娠して出産しそして授乳するまでの期間に乳首が黒くなることが多く、妊娠していなくてもなる場合あります。そこでなぜ乳首が黒くなるのかそしてどのようにして対処すると改善するのかを紹介致します。

乳首の黒ずみには種類がある

乳首の黒ずみは一つだけではありません。いくつかの原因がありそれにより多少の違いがあります。どのような違いがあるのかというと、それはどの部分が黒ずんでしまっているのかです。

乳首の黒ずみと聞くと全体的に黒くなってしまっているというイメージが強いけれどもそれだけではありません。全体的の場合もありますが、先端だけが黒くなったり乳首だけの場合もあれば乳輪まで黒くなることがあります。

黒ずみの種類は発生する原因の違いによって変わりますので、どこがどのように黒ずんでいるのかによって原因究明が可能になります。原因が違ってきていると対処する方法も違いますので、まずは何が原因で乳首が黒ずんでしまっているのかを知ってから対処していきましょう。

乳首の黒ずみは妊娠と刺激が原因

乳首の黒ずみ原因はいくつかあります。まずいちばん認知されている原因の一つが妊娠です。妊娠するとホルモンバランスが変化します。変化すると赤ちゃんを育ているために必要なプロゲステロンが多く発生します。

プロゲステロンはメラニンの生成を活発化させてしまいます。体全体にメラニン色素が増えるのですが、弱い部分にでやすいため乳首や女性にとって大事な部分に出やすくなり、排出しきれないメラニン色素が沈着するため黒ずみができます。

他の原因として刺激によるものがあります。紫外線や体を洗っている時、そして下着によって乳首に刺激を与えてしまいます。刺激を受けると肌を守るためにメラニン色素を多く発生させ、排出しきれないメラニン色素が沈着して黒くなります。

妊娠の場合には乳首だけでなく乳輪まで黒くなり、刺激によるものなら乳首だけや先端だけと部分的になることが多いので、何が原因なのかが判断しやすいです。

黒ずみ解消には黒ずみ除去クリームがオススメ

乳首黒ずみを解決するためにもオススメしたいのが、黒ずみ除去を可能としているクリームを使うことです。色素沈着はメラニン色素が多く発生し排出しきれないためです。

メラニン色素を多く発生させないことが必要ですので、予防として刺激を与えないようにするために下着を変えたり洗い方を優しくするなどが必要です。しかしそれだけでは沈着しているメラニン色素を排出できるわけではないので、別の方法が必要です。

排出するためにも肌の健康状態を良くする必要もありますが、外部から排出しやすいように手助けをすることがオススメです。黒ずみ除去が出来るクリームを使うことで何もしていないよりも早く黒ずみ解消の可能性が高くなります。

ただし、妊娠による黒ずみは、クリームが授乳の影響が出る可能性がありますので、授乳が終了してから使うようにしましょう。

-悩み, 黒ずみ・クマ

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.