健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

口臭の原因と消すための方法とは

投稿日:

口臭の原因と消すための方法とは

口臭を消す

口臭は自分では気が付かないだけにケアが難しいという問題があります。定期的にデンタルクリニックでケアをしてもらったり、持病が原因の場合には適切な治療を行う必要があります。口臭を指摘されて落ち込む前に自分なりに原因を探り、ケアをしてみませんか。

口臭の種類にはどんなものがあるのかを把握してみる

口臭の種類には20種類以上もあります。大きく分けて内臓疾患が原因の場合、歯の疾患の場合、生理的なもの、生活習慣によるものと4つがあります。

この中ではストレスがかかった時や空腹のとき、起床したばかりの時という生理的なものは誰にでもありますし、症状も時々出るだけですから気にしなくて済みます。

内臓疾患、歯の疾患、喫煙、アルコールやドライマウスによる生活習慣によるものは対処が必要になります。内臓疾患の場合には独特の強烈な臭いがしますから、腐った臭いや排せつ物の臭いを指摘されるようならクリニックの受診もおすすめです。

口腔環境による口臭の場合も同じ臭いがしますから、歯磨きの方法を正しくしたり、入れ歯や詰め物のチェックをすることが必要です。

口臭の原因になるものとは

口臭の原因になるものは内臓系疾患が理由になるものと糖尿病など持病によるもの、歯周病や舌など口腔環境が原因になるものとに大きく分けられます。

喫煙、アルコールなどの生活習慣で口臭がひどくなる場合もありますし、ドライマウス、貧血などが原因で一時的に口臭がひどくなる場合もあります。腐敗臭の種類によって疾患の違いを見分けることがあり、自分でも予想を立てることができます。

野菜の場合には糖尿病、卵の臭いは胃や腸、カビなら肝臓、肉なら歯といった具合です。アンモニア臭の場合には肝臓、魚の内臓や野菜の腐敗臭の場合には肺や気管支の疾患を疑います。血のような臭いがする時にはのどや鼻炎が原因のことが多いようです。

単なる口臭と疾患が原因で口臭が起こる場合とがありますから、一時的ではなくいつも口臭が指摘されるようになったら、病気の可能性を疑ってみることも健康管理のために必要です。

口臭を消す効果的な方法とは

口臭を消すためにはまずは歯磨きが正しくできているかをチェックします。口臭予防のための専用の歯磨き粉を使用したり、ガムやフリスクを食べたりするのもおすすめです。焼き肉やアルコール、たばこを口にしたときにはウーロン茶を飲むのがおすすめです。

臭いの発生原因が疾患であれば適切な治療をスタートさせなければなりません。口臭予防に効果的な食べ物は柿、緑茶、パセリといった食材で食事に取り入れてみるのもおすすめです。

口臭があるならまずはデンタルクリニックで虫歯や歯周病のケアをきちんとすることが大切です。唾液の分泌や舌の状態もチェックしてもらえますし、体全体のケアにもつながります。

疾患が原因の場合には唾液に臭いの物質が溶け込むこともあり、自分の口臭があるかどうかをチェックするには唾液を調べてみるのが簡単です。

-悩み, 臭い

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.