健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

女性の加齢臭の原因と対策

投稿日:

女性の加齢臭の原因と対策

加齢臭を消す

加齢臭と言えば男性が気を付けるべきものだという印象が強いですが、女性でも加齢臭はします。特に注意が必要なのは、女性ホルモンが減少してくる更年期。若い世代も食生活の乱れなどが原因で起こることもあります。嫌なにおいを出さないように、しっかり改善していきましょう。

女性の加齢臭、気を付けるべき場所はここ

男性の加齢臭は主に耳の後ろから出ていることが多いと言われますが、女性の場合は気を付ける場所が複数に及びます。女性の加齢臭が発生しやすいのは、やはり皮脂腺が多い場所です。男性と同じく耳の後ろはやはり気を付けるべきポイントです。

その他にも顔のTゾーンや、頭皮、胸元や背中と言った場所にも注意が必要です。上半身に集中しているので、立って話しているときや、電車に乗っているときなどに周囲の人に気付かれやすくなります。

女性の場合、加齢臭の他にもワキガやすそワキガといった種類のにおいにも注意が必要です。折角加齢臭対策をしても、他の嫌なにおいを発していては意味がありません。どうせなら合わせてケアするようにしましょう。

加齢臭の原因はこれだ!

加齢臭の原因は男性も女性も同じで、ノネナールと言う物質です。これは皮脂腺から分泌される物質で、過酸化脂質と、パルミトオレイン酸という脂肪酸が反応することによって発生します。過酸化脂質とは、皮脂腺の中の脂肪が活性酸素によって酸化したものです。

女性の加齢臭は、女性ホルモンが減少することによって起こります。女性ホルモンには皮脂の分泌を抑制する働きがあるので、その分泌が減少することで過酸化脂質やパルミトオレイン酸が多く分泌されるようになるからです。

女性ホルモンの減少は30代後半ごろから始まります。女性の場合、更年期を過ぎると女性ホルモン減少に加えて皮脂腺の抑制が利かなくなることで加齢臭が強くなる人が多くなります。"

改善方法は組み合わせが大切

加齢臭を予防するには、まず食生活の見直しから始めましょう。肉類やジャンクフードなどの脂っこい食事は控えめにして、野菜をしっかり摂るようにしましょう。アルコールや喫煙も控えめにすることが大切です。

意識して摂るようにしたいのが、体の酸化を抑えてくれる食べ物です。体の中の活性酸素を抑え込むことで、ノネナールの生成を抑えるのが狙い。抗酸化作用の強いビタミンCやビタミンEを積極的に摂るようにしましょう。

においの発生しやすい場所を清潔に保つことも大切です。薬用有効成分がしっかりと含まれているボディーソープやシャンプーを使い、古い角質や汗、皮脂などのにおいのもとをしっかりと洗い流しましょう。

乾燥すると皮脂の分泌が過剰になるので、保湿ケアも重要です。間違っても香水でにおいを誤魔化そうとするのはやめましょうね。

-悩み, 臭い

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.