健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

小鼻の黒ずみをキレイにする効果的なケア方法

投稿日:

小鼻の黒ずみをキレイにする効果的なケア方法

小鼻の黒ずみを消す

顔の中心にあるパーツ、鼻。人目につきやすい部分であると同時に、鏡を見るたびに目につく場所でもあります。常にキレイにしておきたいところですね。鼻の代表的な肌トラブルである『小鼻の黒ずみ』について、くわしく解説しちゃいます。

小鼻の黒ずみには、いくつも種類があるんです

ひとことで『小鼻の黒ずみ』と言っても、実は4つの種類があることを知っていますか?黒ずみの種類によって、その原因とケア方法は大きく変わってきます。小鼻をキレイにしたいなら、まずは自分の小鼻が、どの種類の黒ずみなのかを理解することが重要なんです。

まずは、汚れがつまっているタイプ。こちらは、毛穴の奥に皮脂や古い角質、クレンジングしきれなかったメイク汚れがつまっていることが原因です。鼻がテカりやすい人は、オイリータイプの可能性が高くなります。

肌の乾燥が気になる人は、毛穴広がりタイプかもしれません。毛穴が大きく広がることも、小鼻が黒く見える原因につながります。最後に、メラニン色素が沈着することで黒く見えるメラニンタイプがあります。

小鼻の黒ずみは種類によって、原因がまったく違うんです

小鼻の黒ずみの種類は、大きく分けて4つあります。その種類によって、原因が違ってくるんです。毛穴に汚れがつまっているタイプは、皮脂やメイク汚れが大きな原因です。

そこに空気中に漂っているホコリなどが付着することで、さらに黒くなっていきます。オイリータイプの原因は皮脂の過剰分泌です。皮脂の量と新陳代謝のバランスが乱れることで、毛穴が汚れてしまいます。

偏食や脂肪分の高い食事も、よくありません。毛穴広がりタイプの人は、肌の乾燥が原因です。乾燥から肌を守ろう皮脂が多く分泌されるため、毛穴に汚れがたまりやすくなります。メラニンタイプは新陳代謝が低下することで起こりやすくなります。

代謝が落ち、紫外線のダメージを修復できずにメラニンが沈着することで小鼻が黒ずんでしまいます。

小鼻の黒ずみを撃退するなら、これ!効果的なケア方法

毛穴の汚れがつまっているタイプは、洗顔方法を見直すことで黒ずみをケアすることができます。メイクや日焼け止めを使用した日は、丁寧に汚れを洗い流すことを心がけてみましょう。朝と晩の1日2回の洗顔で、小鼻の黒ずみをケアしていきましょう。

オイリータイプも洗顔が大切です。ですが、洗顔のし過ぎには注意が必要です。皮脂を必要以上に洗い流すと、皮脂の分泌が足りないと錯覚し、余計に発生させてしまうからです。毛穴広がりタイプは乾燥が原因ですので、保湿が大切になってきます。

洗顔後、すぐに化粧水や美容クリームで肌を潤すようにしましょう。メラニンタイプは新陳代謝の乱れをなおして、肌のターンオーバーをうながすことで黒ずみを薄くすることができます。紫外線を予防して、メラニン色素を作らないこともポイントです。

-悩み, 黒ずみ・クマ

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.