健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

憧れのツルツル生足に欠かせない日常のケア

投稿日:

憧れのツルツル生足に欠かせない日常のケア

生脚

ひざの黒ずみがあると、見た目がマイナスイメージになってしまうので、とても気になりますよね。そこで、黒ずみの種類や原因、予防法や解決方法をご紹介します。黒ずみを解消して、スカートやブーツでお洒落をもっと楽しみましょう。

黒ずみにも種類があります

ひざの黒ずみには、種類があるのをご存知ですか?黒ずみには、種類があってそれによって、解決方法や予防方法も異なるので、きちんと自分の黒ずみの種類を知っておきたいですよね。

まず、多くの方が「メラニンの生成」による黒ずみに悩んでいます。メラニンは、もともと外部からの刺激から肌を守ろうとするときに生成されます。本当はありがたいのですが、そのメラニン自体が黒いので、ありがたいようで迷惑だったりします。

次に「毛穴の詰まり」です。毛穴の詰まりの場合、ひざのあたりにブツブツが出来ているのが特徴です。最後に「乾燥による角質硬化」です。顔や手に保湿をすることはあっても、なかなかひざの保湿ケアを毎日する方は少ないようです。

そもそもどうして黒ずみが出来るのか

種類によって原因も異なりますが、「毛穴の詰まり」や「乾燥による皮膚硬化」は、原因もその名の通りです。では、最も多くの人が悩んでいる「メラニンの生成」による黒ずみの原因は何だと思いますか。一番は「摩擦」です。

ひざは関節なので、よく動かす分、日常生活を普通に送っているだけで、摩擦にさらされています。特にスキニージーンズなど肌に密着度の高い洋服は、摩擦を起こしやすいと言えます。

そして、ひざをついてしまう行為や、立つのが億劫でひざをついた状態で歩いてしまうことはありませんか。それも原因の一つです。良かれと思って、入浴中にゴシゴシとひざを洗ってしまったり、過剰なスクラブの使用も黒ずみの原因になってしまいます。

最後に、カミソリを使ったムダ毛処理も、刺激となってしまうのです。

毎日のケアで生足に自信を!

まずは、出来てしまった黒ずみを解決するには、固くなってしまったひざの皮膚を、柔らかくするためにマッサージが大切です。入浴後など、皮膚が柔らかくなっている状態の時に、クリームなどを使って優しくもみほぐすようにマッサージします。

この時に、強くこすってしまうと刺激になってしまうので、優しく毎日コツコツと続ける必要があります。そして、尿素配合のクリームを仕上げに塗ることで、角質硬化や乾燥を防ぎます。

市販のピーリングジェルを使うのも、効果的です。角質がポロポロと取れるだけではなく、黒ずみもきれいになっていきます。その時も、必ず最後には保湿を忘れないようにしましょう。毎日コツコツと続けることが大切です。

そして、予防法としては、ひざをつかないこと、ゴシゴシと洗わないこと、化粧水などでたっぷり保湿することが一番です。

-悩み, 無駄毛・枝毛

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.