健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

枝毛になってしまった時の対処法と予防方法について

投稿日:

枝毛になってしまった時の対処法と予防方法について

枝毛

枝毛や切れ毛は女性に多い髪の毛の悩みの一つといえるでしょう。枝毛の状態になってしまうと、カットするなどの方法でしか解決ができないため、日頃からの予防が大切です。今回は、日常生活でできる枝毛や切れ毛の予防方法についてご紹介します。

枝毛や切れ毛の主な種類と状態

一般的に枝毛というと、2つに分かれている物だけと認識する人も少なくありません。しかし、一口に枝毛といってもさまざまな状態があり、それによって自分の髪へのダメージを知ることができます。

最も多いとされる枝毛は二股、三股に分かれている状態です。これは体の栄養不足によって起こると考えられています。体に必要な栄養が不足していると、髪の毛にまで栄養が行き渡らずに枝毛になってしまうのです。

ろうそくの芯のように髪の毛の先端が細くなる枝毛もあります。これは髪の毛のキューティクルが不足していると起こるもので、そのままの状態で放っておくと二股に裂け始めてしまうこともあるので、早めにケアをしましょう。

そのほかにも髪の毛が結び目状になっていたり、先端ではなく真ん中から裂けてしまう状態もあります。この状態の髪は深いダメージが考えられるので、トリートメントなどで髪の根元からの栄養補給が必要です。

枝毛や切れ毛を引き起こしてしまう主な要因

枝毛や切れ毛になってしまう原因は、さまざまな要因が考えられます。一つは薬品によるダメージです。髪の毛のオシャレをするために、自分でカラーリングを行ったり美容院でパーマをかける人もいるでしょう。

こういったカラーリングなどに使用する薬品は、少なからず髪にダメージを与えてしまうこともあるのです。適度に間隔を開けて行う分には問題はありませんが、頻繁に行う人は気をつける必要があります。

髪の乾燥も原因の一つです。髪に潤いがなく乾燥している状態になっていると、髪同士が擦れて摩擦を起こしてしまい結果的に枝毛や切れ毛に繋がってしまうのです。

お風呂上りなど髪が濡れた状態でドライヤーで乾かす時も、過度に熱風を当ててしまうと髪にダメージを与えることがあります。"

枝毛にならないための日頃から行えるケア

枝毛になってしまった髪の毛は元通りにすることはできませんが、枝毛を目立たなくするといった方法で解決することはできます。

トリートメントやオイルなどを使って髪の毛を保湿することで、髪が滑らかになって枝毛が気にならなくなるでしょう。それでも気になるといった人は、こまめに美容院などに行って毛先をカットしてもらえば枝毛はなくなります。

枝毛や切れ毛の予防方法としては、お風呂上りにドライヤーを使う時は一箇所に風を当て続けるのではなく、こまめに動かして髪全体に熱が分散するようにしましょう。事前にタオルでしっかりと濡れた髪の毛の水分を拭き取っておくことも大切です。

そのほかにも、日常でストレスを溜めないことも予防に繋がります。精神的にストレスが溜まっている状態だと、血行不良を起こしてしまい結果的に髪の毛にダメージを与えるのです。食事による栄養補給とストレスのない生活を送ることが枝毛の予防に繋がります。

-悩み, 無駄毛・枝毛

Copyright© よく効く.com , 2019 All Rights Reserved.