健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

血流を改善することは効果的な薄毛治療法として認められている!

更新日:

血行促進ガスで薄毛が改善できる

薄毛改善に薬を使うと体のどこかに残ってしまい副作用が心配だけど、血行促進ガス療法は身体に無害で、発毛しやすい頭皮環境を作ってくれるんだって。利点を詳しく説明します。
薄毛対策

血行促進療法とは何か

薄毛治療の方法は次々に新しいやり方が生み出されていますが、血行促進ガスを使う事で抜け毛に効果がある血行促進療法も話題になりました。

血行促進療法は血流を活性化する事で母毛細胞を元気にする、施術部位の新陳代謝が改善されて細胞の若返り効果が期待できる、脂肪分解作用により頭皮の余分な脂を抑えるなどの作用があります。

血行促進ガスを頭皮に注入する事で毛細血管が元気になり、頭皮環境も整えられて髪が発毛しやすく抜けにくくなります。

血流を良くする事は薄毛治療に有効である事は認められており、薄毛治療薬としてよく知られているミノキシジルは血管拡張作用があります。

しかし、ミノキシジルには薬特有の副作用について心配が付いてきます。対して血行促進療法の場合は薬に頼る事はありません。

血行促進ガスの注入により頭皮の血流を活発にして発毛しやすい環境を整えていくのです。

参考サイト:ツボ刺激が薄毛改善に役立つ理由

血行促進療法をする事での利点は

血行促進療法には複数のメリットがあります。まず発毛効果が高い事が挙げられます。外から塗るタイプの薬とは違い、血行促進療法は頭皮に直接浸透させる仕組みになります。

そのため、効果も直接的で短期間で出てきます。施術をした後も引き続き毛細血管の発達が促進される事から、抜け毛の理由になる血流の滞りが自然に改善されます。

また、毛根に栄養が浸透していきやすい事も利点と言えるでしょう。

血行促進療法により毛細血管が元気になっている事から、毛根などの髪を支える細胞や毛を生成する毛母細胞に栄養がしっかりと運ばれ、脱毛の防止と発毛効果が期待できます。

また、使用する血行促進ガスは体に無害な点もメリットです。

頭皮に注入された後に毛細血管の発達を促進し、数分後には自然に消えていきます。そのため健康に害を与えません。

血行促進する事による薄毛改善効果がある事は知られていますが、薬を使い血液の流れを良くする方法では薬の成分が体内に残る事で副作用を起こす事もあります。その点では血行促進療法なら心配ないと言えます。

参考サイト:薄毛に避けたい食品&改善効果のある食品

-薄毛対策

Copyright© よく効く.com , 2018 All Rights Reserved.