健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

帽子をいつも被っている人はハゲる真相とは!?

投稿日:

帽子の被りすぎはハゲの原因!?

帽子はファッションアイテムとして被ることが多いですが、終日被りっぱなしは蒸れてハゲるって知ってる?時々帽子を脱いで換気をしてあげれば蒸れ防止になるんです!ハゲが気になる人へのアドバイス、参考にどうぞ。

薄毛対策

帽子=ハゲの真相

日常生活において帽子を好んで被っているという人は多いことでしょう。帽子はファッションには欠かせないアイテムのひとつであり、帽子ひとつを取っても個性が大きく分かれます。

しかし、帽子を被るとハゲるという言葉を聞いたことはありませんか。

帽子には直射日光を始めとした外的な要因から頭皮や髪の毛を守ってくれる働きがあります。

しかし、帽子を被っていると汗の発散に悪影響を及ぼすため、頭が蒸れた状態になってしまいます。汗がなかなか乾かない、常に湿った頭皮を考えてみてください。

特に夏の季節など、汗を大量にかく場合には蒸れて細菌繁殖を招く可能性があります。その結果、頭皮や毛穴に悪影響を及ぼし、ハゲの原因となってしまうのです。

ハゲの原因としては遺伝だけではなく、日ごろの生活習慣においても大きく関係があるといえるでしょう。

参考サイト:AGAの治療法にはどんなものがあるの?

ハゲの原因となる帽子を被ってはいけないの?

ハゲの原因になるので帽子を被ってはいけないのかというとそうではありません。帽子は紫外線等から頭皮を守ってくれる働きがあります。

帽子の有無で頭皮の温度が5度以上変わるとも言われています。健康な頭皮を維持するためだけではなく、日射病予防にも帽子は大きな役割を果たします。

また、紫外線による頭皮の炎症の可能性を避けるためにも、帽子を被った方が良い場面も多いと言えるでしょう。

夏に帽子を被る場合は、時々帽子を脱いで換気することが大切です。そうすることで頭皮の湿気が抑えられ、蒸れることを防いでくれます。

帽子をずっと被りっぱなしというのはよくありませんが、紫外線等をカットする目的やファッションとして楽しむという目的であればまったく問題はありません。

ハゲが気になる人は適宜着脱しながら、うまく帽子と付き合っていくことが大切です。

参考サイト:頭皮のかゆみの原因は?

-薄毛対策

Copyright© よく効く.com , 2018 All Rights Reserved.