健康や身体のトラブルなどに「よく効く」ことを紹介しています。

よく効く.com

頭痛の原因とその対処法

更新日:

原因の分からない頭痛ほど、私たちをイライラさせるものはありませんね。 「あれもやらなきゃ」「これも片づけて」などと忙しい時に限ってひどい頭痛が 始まったり、楽しみにしていた週末の予定を前に、急に寝込むほどの頭痛に襲われたりと、 自分の意思に反して不意に現れる頭痛は本当に厄介ですね。

外部から症状が見えない分、周囲の人に頭痛の痛みやつらさを理解してもらえないのは、 思いのほか難しいし、また、風邪や寝不足、二日酔いと頭痛を併発する病気もたくさんあるため、 「頭がいたい」というだけの理由で病院に行って診察を受けるということは、なんだか大げさなような、 気がしてしまいます。

頭痛

頭痛のメカニズム

「頭痛」にも痛みがおこるメカニズムが存在し、それぞれの症状に効果的な治療法があるのを知っていましたか? 頭が痛いから仕方がないからちょっと我慢しよう、とにかく痛み止めで痛みを散らしてしまおう、 そんなふうに頭痛をやりすごしていませんか?

自分の頭痛のパターンをよく知って、ただしく対処できれば、今よりもっと頭痛とうまく付き合っていくことができるはずです。

頭痛の種類

ひとくちに頭痛といっても、ズキンズキンと心臓の鼓動 に合わせて痛むものから、何かにつかまれたように首筋 の辺りがギユーツと痛むものまで、痛み方は人それぞれ です。しかし、この頭痛を主な原因で種類分けしてみる と、大きく3つに分類することができます。

  1. 頭の血管が拡張して神経が刺激される際に起こる 片頭痛
  2. 肩や頭部の筋肉が緊張して血流が悪くなった ために起こる緊張型頭痛
  3. 脳の病気によって起こる頭痛

AとBが同時に起こるものを混合型頭痛と呼びま す。私たちが普段「頭痛」といっているのは、 Aの片頭痛 とBの緊張型頭痛のことです。 この2つの頭痛には生命 を脅かす危険性はまったくありません。このため、これ らの頭痛は機能性頭痛とも呼ばれています。 機能性頭痛にはこの他に、20代から30代の男性に多く見られる 群発頭痛があります。

しかし、ここで気をつけたいのがCの「脳の病気によっ て起こる頭痛」です。この頭痛は、脳腫瘍やクモ膜下出血など「命の危険」がある病気にかかったことを体が私たちに向けて頭痛でサインを送っている可能性があるのです。

この場合、AやBの頭痛とまったく違う痛み、体がしびれるなど日頃の頭痛とは明らかに違う症状があるので、それを見逃さず、すぐに最寄りの脳神経外科や 神経内科で診察を受けることが大切です。

「たかが頭痛、されど頭痛」 ですね。「痛み」という体 が発する信号を見逃さず、自分の頭痛が起こりうるパ ターンをよく知ることが、頭痛克服への第一歩です。

頭痛
Photo credit: photoloni via Visualhunt / CC BY

頭痛対策の民間療法

頭痛対策の民間療法にはさまざまなものが伝えられています。それだけ長い間、人間は頭痛と付き合い、その痛みにへきえきさせられてきました。そのため、どんな民間療法にも、頭痛を治す何かしらの根拠があるものが多く、先人の知恵には驚かされます。

例えば、梅干しには「三毒を断ち、その日の難を逃れる」と呼ばれるほど薬効が多く、強い抗菌作用を持ち合わせています。また塩分が低温を保つ効果を持つので、こめかみに湿布代わりに貼ると片頭痛に有効だといわれています。

大根は、おろして湿布の代わりに頭部を冷やしたり、しぼり汁を痛みを感じる側の鼻腔に数滴垂らすと効果的です。 ハーブでは血管収縮や鎮痛効果のあるペパーミントやフィーバーフュー、菊の花もおすすめです。さっと鍋で湯がき、乾燥させたものをハーブティーとして飲むとよいでしょう。

緊張型頭痛に効果があるのは、体を温め血行を促進する効果のあるしょうがやよもぎ、鎮静効果や筋肉に緊張を開放する効果のあるカモマイルやラベンダーなどです。 特に緊張型頭痛は体をリラックスさせ、暖かくして筋肉の緊張を取り除くことが一番の対策です。

お風呂にハーブやよもぎを浮かべ、香りを楽しみながらゆったりとお風呂に浸かったり、寝る前にしょうが、シソの葉、ねぎなどを鍋で煮込んだあっあっのしょうが汁を飲むなど、ストレスを翌日までもち越さない工夫が大切です。

特に片頭痛と緊張型頭痛の症状が時間帯や体調によって交互に起こる混合型頭痛の場合、とにかく痛みさえ散らすことができれば、と市販の頭痛薬を常用する人が多いようです。 市販薬の場合、すべてが痛みを鎮める鎮静剤を含むため、どのタイプの頭痛にも素早く効果が出ることは事実です。

しかし、常用することによって体が麻痺し、薬の効果が薄れ、より強い薬を求めるという悪循環により「薬物性(慢性)頭痛」になることもあります。 薬の常用は頭痛の根本的な解決にはなりません。なるべく薬に頼らず、気長に体質を改善していく方法が体に余計な負担をかけず健康的です。

それでも日常生活に支障をきたすほど頭痛がひどい場合には、病院にかかり、常用性の低い薬をお医者様に処方してもらうことが一番です。

頭痛

頭痛が改善される食べ物

ナッツの入ったチョコレートや、チーズ、赤ワインなどの食物を口にすると頭痛が起こりやすいと感じたことのある人は、そのとき口にした食べ物が実は頭痛を起こす引き金になっています。 チョコレートには「チラミン」という物質が含まれていて、この物質には血管を拡張させる作用があり、特に片頭痛に悩む人には頭痛を誘発する効果があるようです。

赤ワイン、チーズ、ナッツ類などに多く含まれるこの成分、緊張型頭痛に悩む人には、血管を広げ、血液の流れをよくする作用がある頭痛を回避する特効薬にもなるのに、片頭痛に対しては痛みを誘発する起爆剤ともなる、まさに「もろ刃の剣」です。

同じ機能性頭痛でも対処法が180度違ってくる「片頭痛」と「緊張型頭痛」ですので、自分の頭痛のタイプをよく知って、食べ物も上手に選びながら、付き合っていきたいものですね。

頭痛解消サプリメント『ずきしらずの実』

「突然くるせいで毎日が憂鬱」 「無理矢理どうにかしようとすると ボーッとして、何をやっても集中できなくなる」 そのお気持ちよ~く分かります。

『ずきしらずの実』は、本気でどうにかしたい方のために研究・開発した、植物由来のサプリメントです。 頭痛で何年も悩んでいた方が、飲み始めてからたった1週間で頭痛がなくなるのを実感!

モニターの90%以上が実感してくださり、 おかげさまでたくさんの方の快適な生活に役立っています。

突然襲ってくる「頭痛」に"なってから対処する"のではなく、"そもそもならないように対処する"薬とは全く違うサプリメントです。



-頭痛

Copyright© よく効く.com , 2018 All Rights Reserved.